便秘薬 飲みすぎ

薬の一種であることを忘れずに!

便秘というのは腸の中で便が溜まる事です。
お腹の中に余計なものを溜め込むわけですから、ダイエットという面から見ても好ましくないですね。
そのため、便秘薬をダイエット目的で使用している女性の方も多く見られます。
しかし、便秘薬は薬ですから、自分の勝手な判断で摂取し続けると健康を崩すだけでなく、便秘薬がないと排泄できなくなってしまう体になる可能性もあります。

 

便秘薬の使用で排泄を促せば、一時的には体重は減るでしょう。
しかしそれを続ける事で体に便秘薬の免疫が出来てきてしまい、便秘薬の効果も薄れていってしまいます。
効き目が薄くなってきたからと、より多く便秘薬を摂取するようになってしまうケースも多いようで、通常の何倍もの量を摂取している人もいるようです。

 

便秘薬は腸の動きを促進させたり、腸の中にある便を軟らかくしたりして排泄を助けるための薬です。
しかし便秘薬も薬の一種ですから、飲みすぎるのは体に良くありません。

スポンサードリンク

便秘薬の使用により、いつも以上の排泄で、脱水症状を引き起こしたり頻繁な排泄による肛門への負担増からの痔、吐き気やだるさを引き起こしてしまう事もあります。
また排泄の量が多くなり、栄養摂取のバランスが崩れると摂食障害を引き起こし、ストレスといった精神的な問題も起きてきます。

 

明るく爽やかなCMや宣伝、ドラッグストアの普及などで、昔に比べ気軽で身近になった便秘薬。
しかし宣伝は商品紹介と違い、いい所をピックアップして訴えてきます。
手軽なために、飲みすぎても大丈夫と錯覚してしまうかもしれませんが便秘薬も薬の一種です。
そういった手軽さの裏に、使い方を間違えると危険が伴う薬の一種ということを理解しなくてはなりません。
良くも悪くもその手軽さが便秘薬をダイエット用品と間違えさせてしまうんですがね。

このサイトで最も読まれている記事
【実験結果】 驚くほど効果があった便秘解消食品とは?