便秘薬 種類

自分の症状に合ったものを選ぼう

知らない間に体の中に溜まっている便。
溜まりに溜まって硬くなった便は、自力で排便するのも大変です。
そしてそれが長い間体内に溜まっていたのならそれに比例するかのように苦しみも大きなものです。
そんな状況の強い味方、便秘薬にも色々な種類があるのです。

 

便秘の原因は様々で、その様々な原因に対応するかのように便秘薬も様々な種類に分けることが出来ます。
代表的なものをいくつか説明したいと思います。

スポンサードリンク

  • 刺激性下剤

    腸壁を直接刺激し水分の分泌を促します。

    それにより便を軟化させ排便しやすい状態にする効果があります。

  • 浸潤性下剤

    便を軟らかくする効能がありますが、効果がそれほど強くないため、刺激性下剤と併用するのが一般的です。

  • 塩類・糖類下剤

    塩・糖の浸透圧作用で排便を促進します。

    塩類は即効性に優れていますが、糖類はあまり一般的ではありません。

  • 膨潤性下剤

    便を軟らかくして体積を増やす効果があります。

    便が柔らかくなると水分を吸収しやすくなり、水分を吸収して大きくなった便が腸を刺激して排便を促します。

  • 自律神経作用薬

    腸の運動を自律神経から作用させます。

    弛緩性便秘には副交感神経を、痙攣性便秘には交感神経をそれぞれ刺激するタイプが一般的です。

 

大きく分けてみましたが様々な種類があります。
症状に合わない便秘薬を服用しても充分な効果が得られない時もあります。
自分の便秘がどのような便秘なのか、そしてそれにあった便秘薬は何なのか。
それを正しく理解し、使用する事が大事なのです。

このサイトで最も読まれている記事
【実験結果】 驚くほど効果があった便秘解消食品とは?