便秘薬 妊娠中

薬に頼らず生活習慣の改善に努めよう

妊娠初期、お腹の大きさはあまり変化がありませんが、出産が近づくにつれお腹も大きく目立ってきます。
子宮が骨盤の中に入り込むくらい大きくなってくるのもこの時期です。
骨盤に入り込み、腸を圧迫するために妊娠中は便秘になりやすいのです。
妊娠中は母体に大きな変化が表れますので、便秘と無縁の人でも妊娠中に便秘の症状を訴える方も多いです。

 

妊娠中の薬の服用は気軽には出来ませんよね。
胎児への影響を考えたら母親として当たり前だと思いますが、医師や専門家の方々も妊娠中の便秘薬の使用に否定的です。
便秘薬の副作用で子宮にまで影響が出るおそれがあるからです。

スポンサードリンク

しかし、便秘薬を使えないからといって長時間トイレに座り続ける体勢も脱肛・痔といった問題がありますし子宮への影響もありますので注意しなければなりません。

 

また、便秘薬の中には大腸を動かし排便を促す物もありますが(糖類下剤)、これも子宮への影響がありますので注意がいるでしょう。

 

妊娠中は食物繊維や水分の充分な摂取、体調に見合った適度な運動等、便秘薬に頼るのではなく、生活習慣を見直し、改善することで便秘薬を必要としないような体調管理を心掛けるのが大事ですね。

このサイトで最も読まれている記事
【実験結果】 驚くほど効果があった便秘解消食品とは?