便秘薬で流産

妊娠中は医師に相談しましょう。

妊娠中は便秘になりやすいと言われています。
普段から便秘がちな人はもちろん、普段は便秘になりにくい人も妊娠中は
つわりの影響で偏った食生活になったり、
身篭った影響から運動不足に陥ったりで便秘になりやすいんですね。

 

しかし、だからといって自分だけの判断で便秘薬を使用するのは危険です。
最悪、流産という事になりかねません。

 

便秘薬は腸や便を刺激して排泄を助ける薬です。
効き目が良すぎると切迫流産を招く危険性がありますが

 

効き目が悪く、薬を服用し続けることも、これは便秘薬に
限った話ではありませんが妊娠中の体にはよくありません。

 

スポンサードリンク

 

漢方の便秘薬なら大丈夫と思う方もいるかも知れませんが
漢方の便秘薬の主成分である大黄は子宮を収縮させる作用があるため
妊娠中の方が使用すると流産や早産を招く恐れがあります。
妊娠初期に自分だけの判断で薬を服用するのはなるべく止めましょう。

 

漢方便秘薬だけでなく、市販されている一般の便秘薬にも
妊婦の摂取には流産や早産の危険性を伴うといった
注意書きがある物が多いですのでより一層の注意が必要です。

 

妊娠中は自分の体が変化して、ストレスを感じることも多くなると思います。
そんな妊娠中に便秘になってしまうとますますストレスが増加し
便秘が加速するという悪循環に陥ってします。

 

そのため、便秘薬を摂取してしまうのも解らない話ではありませんが
便秘薬は薬ですから、日常的な服用は通常時でさえ危険を伴います。
それが妊娠中なら尚更です。

 

薬を使わず、食生活や生活環境を見直し、
便秘薬に頼らない排泄行為を心掛けるのが
胎児への影響等を考えても安全な方法です。
それでもという場合は、必ず医師に相談しましょう。

このサイトで最も読まれている記事
【実験結果】 驚くほど効果があった便秘解消食品とは?